• ホーム
  • 避妊薬のピルは生理を安定させ月経による不調を緩和

避妊薬のピルは生理を安定させ月経による不調を緩和

カプセルを持っている女性

女性が自らの意思で妊娠を回避することのできる避妊薬であるピルは、女性に取ってはとても心強い医薬品で、毎月の生理周期をカレンダーのようにぴったりと安定させ、月経前症候群や月経時に起きる様々な問題を改善してくれるので、ぜひお勧めできるお薬です。
避妊用として処方されているピルは、低用量ピルで、我が国においても数年前に解禁となり、それまでピルの服用で吐き気や頭痛、体重増加、むくみなどの副作用に悩まされてきた女性には、とてもうれしい流れです。
また避妊のためとは言え、やはりホルモン剤を服用することには違いがないので、がんなどの危険性も格段に抑えられるので、この低用量ピルの登場によってより安全に避妊対策ができるようになってきました。

そして女性に取って生理周期が安定するということは、非常にうれしいことで、生活の質は格段に上がり、様々な面において好都合です。
例えば旅行や温泉、プールなど、生理日には避けたい行事ごとがたくさんありますが、生理日が一日の狂いもなくわかっていると、それを避けて計画が立てられます。
中、高生の女子でも、修学旅行などに生理日が当たってしまいそうな場合は、婦人科へ行けばピルの処方で、生理を遅らせたり早く来させたりと対処してくれるので、人生で一度きりの楽しい旅行を心置きなく過ごせるように、気軽に受診し相談して見ましょう。

そしてこの低量量ピルは、前述したように月経時の様々な問題を改善してくれます。
まず経血量が格段に少なくなるので、生理痛がひどい方もかなり楽になります。
下着や洋服を汚すこともなく、生理用品をこまめに取り変えなければならない不安感からも解放されます。
経血量が減るので、においやムレも改善できます。

関連記事
心房細動の方が避妊薬を個人輸入して使用する事に付いて 2019年09月29日

避妊の方法はいくつかありますが、女性がピルを服用すると避妊できる確率が高くなります。ピルは1日1回、1錠飲むだけですので、服用が習慣となるようになれば大きな負担なく避妊をすることができます。ピルを初めて利用する場合は生理初日から服用を開始するのが一般的ですが、21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠...

緊急避妊薬を飲んではいけない人 2019年09月24日

緊急避妊薬は、アフターピルとも呼ばれ、避妊せずに性交した後に服用することで妊娠を避ける薬のことです。現在使用されている緊急避妊の方法は2種類で、緊急避妊薬として認可された「ノルレボ錠」の服用と中用量ピル「プラノバール」を使ったヤッペ法です。いずれも、性交後できるだけ早く、遅くとも72時間以内に服用し...

緊急避妊薬をネット通販で購入する方法とメリット 2019年09月21日

緊急避妊薬は、ネット通販においては、主にアフターピル、またはモーニングアフターピルと表記されます。また、アフターモーニングピルとの呼び方もありますが、これらはすべて呼び方は違えど同じものですので、注意してください。以下では、すべて統一して「アフターピル」と表記します。このアフターピルはどういうものか...