• ホーム
  • 緊急避妊薬を飲んではいけない人

緊急避妊薬を飲んではいけない人

微笑んでいる女性

緊急避妊薬は、アフターピルとも呼ばれ、避妊せずに性交した後に服用することで妊娠を避ける薬のことです。
現在使用されている緊急避妊の方法は2種類で、緊急避妊薬として認可された「ノルレボ錠」の服用と中用量ピル「プラノバール」を使ったヤッペ法です。
いずれも、性交後できるだけ早く、遅くとも72時間以内に服用します。
ノルレボ錠の服用は1回だけですが、ヤッペ法では12時間後にもう1回服用します。

ノルレボ錠を服用してはいけないのは、重篤な肝障害のある人や妊婦です。
肝障害のある人、心疾患や腎疾患のある人や既往歴のある人は、医師と相談の上、服用します。
授乳中の場合には、24時間以内の授乳を避けます。

プラノバールを服用してはいけないのは、血栓性静脈炎や肺塞栓症の人または既往歴のある人、重い肝障害のある人、乳がん・子宮がんの人やその疑いのある人、妊婦や妊娠している可能性のある人などです。
肝機能障害のある人、子宮筋腫のある人、乳がんの前歴のある人、糖尿病や高血圧の人、40歳以上の人は医師と相談して服用します。
また、喫煙習慣は血栓症のリスクを高めますので、禁煙が望ましいとされています。

プラノバールで最も多い副作用は吐き気で、30分以内に嘔吐した場合には飲み直す必要があります。
ノルレボ錠では吐き気は少なく、吐いてしまうことはほとんどありません。

緊急避妊薬は、排卵を遅らせたり、子宮内膜の増殖を抑えて受精卵が着床しにくくなる作用によって、妊娠を避ける仕組みです。
服用後、生理があれば避妊が成功したことになりますが、不正出血との区別がつかないケースもありますので、3週間後に妊娠検査薬で確認するとよいでしょう。
また、服用後の性交についての避妊効果はありませんので注意してください。

関連記事
避妊について相談されたら緊急避妊ピルを教えてあげよう 2020年03月03日

普段の生活の中で、友人や知人達に様々な悩み事について相談されるということはあるものです。特に世間一般的にいわゆる人格者と呼ばれている人達の場合ですと、信頼がおけるということで実に様々な人からの悩み事を相談されるでしょう。もしも女同士の場合、普段のセックスにおいてどのような避妊方法を選択しているのか、...

ホルモンの影響による水分太りと避妊薬の影響 2020年01月27日

避妊薬を飲むと避妊の効果を高めることができますので、今子供を持つつもりはない、確実に避妊したいという場合は避妊具と併用して服用しておくことがおすすめです。そして薬を飲むことによる副作用も気になるところですが、ピルを飲むと太りやすくなるという噂もあります。まず、太りやすくなる原因としてはピルを飲むこと...

避妊に失敗した場合:妊娠後のピル服用の影響は? 2019年12月20日

避妊薬としてピルの服用中は、休薬期間に消退出血があります。ピルの服用期間が長くなると、消退出血の量が減少することがありますが、避妊に失敗して妊娠した場合にも消退出血がなくなります。妊娠に気づかずに、ピルを飲み続けていた場合など、妊娠後のピル服用は、胎児に悪影響はあるのでしょうか。ピルの添付文書には、...

緊急避妊薬をネット通販で購入する方法とメリット 2019年09月21日

緊急避妊薬は、ネット通販においては、主にアフターピル、またはモーニングアフターピルと表記されます。また、アフターモーニングピルとの呼び方もありますが、これらはすべて呼び方は違えど同じものですので、注意してください。以下では、すべて統一して「アフターピル」と表記します。このアフターピルはどういうものか...

ピルのデメリットと避妊以外の目的での使用 2019年11月23日

避妊薬としても広く知られているピル、女性が自らの意思で妊娠をコントロールすることができるので、女性の社会進出が進んでいる現在では、服用している方も増えているようです。ピルはコストがかかるというデメリットがありますが、避妊以外の目的で服用している女性も多く、最近は非常に優れた医薬品として医師からも推奨...