• ホーム
  • 緊急避妊薬を飲んではいけない人

緊急避妊薬を飲んではいけない人

微笑んでいる女性

緊急避妊薬は、アフターピルとも呼ばれ、避妊せずに性交した後に服用することで妊娠を避ける薬のことです。
現在使用されている緊急避妊の方法は2種類で、緊急避妊薬として認可された「ノルレボ錠」の服用と中用量ピル「プラノバール」を使ったヤッペ法です。
いずれも、性交後できるだけ早く、遅くとも72時間以内に服用します。
ノルレボ錠の服用は1回だけですが、ヤッペ法では12時間後にもう1回服用します。

ノルレボ錠を服用してはいけないのは、重篤な肝障害のある人や妊婦です。
肝障害のある人、心疾患や腎疾患のある人や既往歴のある人は、医師と相談の上、服用します。
授乳中の場合には、24時間以内の授乳を避けます。

プラノバールを服用してはいけないのは、血栓性静脈炎や肺塞栓症の人または既往歴のある人、重い肝障害のある人、乳がん・子宮がんの人やその疑いのある人、妊婦や妊娠している可能性のある人などです。
肝機能障害のある人、子宮筋腫のある人、乳がんの前歴のある人、糖尿病や高血圧の人、40歳以上の人は医師と相談して服用します。
また、喫煙習慣は血栓症のリスクを高めますので、禁煙が望ましいとされています。

プラノバールで最も多い副作用は吐き気で、30分以内に嘔吐した場合には飲み直す必要があります。
ノルレボ錠では吐き気は少なく、吐いてしまうことはほとんどありません。

緊急避妊薬は、排卵を遅らせたり、子宮内膜の増殖を抑えて受精卵が着床しにくくなる作用によって、妊娠を避ける仕組みです。
服用後、生理があれば避妊が成功したことになりますが、不正出血との区別がつかないケースもありますので、3週間後に妊娠検査薬で確認するとよいでしょう。
また、服用後の性交についての避妊効果はありませんので注意してください。

関連記事
避妊薬の「アンジュ」で生理周期乱れを改善 2019年10月28日

ピルといえば避妊薬としてのイメージや、副作用が怖いなどの理由で服用を躊躇う女性も多いようです。確かにピルは避妊としての効果もありますが、その他にも様々な効果を発揮する薬でもあるのです。例えば、生理周期乱れを改善する為に、ピルを処方するクリニックも少なくありません。ピルを正しく服用する事で、月経の周期...

心房細動の方が避妊薬を個人輸入して使用する事に付いて 2019年09月29日

避妊の方法はいくつかありますが、女性がピルを服用すると避妊できる確率が高くなります。ピルは1日1回、1錠飲むだけですので、服用が習慣となるようになれば大きな負担なく避妊をすることができます。ピルを初めて利用する場合は生理初日から服用を開始するのが一般的ですが、21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠...

避妊薬のピルは生理を安定させ月経による不調を緩和 2019年09月26日

女性が自らの意思で妊娠を回避することのできる避妊薬であるピルは、女性に取ってはとても心強い医薬品で、毎月の生理周期をカレンダーのようにぴったりと安定させ、月経前症候群や月経時に起きる様々な問題を改善してくれるので、ぜひお勧めできるお薬です。避妊用として処方されているピルは、低用量ピルで、我が国におい...

緊急避妊薬をネット通販で購入する方法とメリット 2019年09月21日

緊急避妊薬は、ネット通販においては、主にアフターピル、またはモーニングアフターピルと表記されます。また、アフターモーニングピルとの呼び方もありますが、これらはすべて呼び方は違えど同じものですので、注意してください。以下では、すべて統一して「アフターピル」と表記します。このアフターピルはどういうものか...